当薬局の紹介

HOME | 当薬局の紹介

HISTORY

/ 沿革

昭和38年開局

丸の内大島薬局は、この地にて昭和38年、初代が「くすりの大島」という屋号で薬屋を始めました。その後、2代目が昭和49年に併設して鍼灸治療院を開設しました。その後、平成17年11月に3代目が引き継ぎ「丸の内大島薬局」となりました。


丸の内大島薬局正面写真

ARTICLES

/ 取材

なごやく(2020.3.25)

東海のかかりつけにしたい薬局

健康相談を通じして、人の幸せを支える場所になる

読売新聞(2019.6.4)

薬剤師の力

妊娠・授乳中の方を支援

MESSAGE

/ 代表あいさつ

漢方薬と体調管理の専門家

「抱えている悩みや不安を喜びや安心、希望に変える仕事を。」私が、漢方相談の道を志した初心です。様々な悩みや不安やストレスを抱えながら、時は、心が折れそうになりながらも頑張っているあなたに、「安心や希望、そして喜び」を持ってもらえるように、誠心誠意サポートしてまいります。

相談担当薬剤師

大島 秀康


大島秀康

COMMUNITY CONTRIBUTION

/ 地域貢献

丸の内中学校 御園小学校 学校薬剤師

丸の内中学校 2007年~ 御園小学校 2008年~

名古屋市教育委員会より学校薬剤師の委嘱を受け活動をしております。

 

名古屋市中区社会福祉協議会評議員

2009.12~

有識者として中区薬剤師会を代表して名古屋市中区社会福祉協議会の評議員を務めております。

 

愛知県薬剤師会 常務理事

2017.7~ 理事 2013.7~2017.6

薬学教育、地域医療、危機管理、開局、薬局ビジョン推進、薬局機能強化などの分野に取り組んでいます。

 

愛知県薬業協同組合 理事

2019.5~

オリジナル商品の開発などを手掛けております。